home > お悔やみの言葉を贈る

お悔やみの言葉を贈る「弔電」

ご葬儀・年忌法要に…弔電の文例をご紹介致します。

ご葬儀のお悔やみ文例

101
御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
102
御社社長様の突然の悲報に接し、御社ご一同様に謹んで哀悼の意を表します。
103
ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
104
ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。
105
御社会長様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。
106
ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。
107
ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。
108
御社会長様の突然のご逝去の報に接し、お慰めするすべもございません。衷心より哀悼の意を表します。
109
あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。
110
突然の悲報に接し、動揺のあまり声もでませんでした。ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。心からご冥福をお祈りいたします。
111
ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。御社会長様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。ご冥福をお祈りいたします。
112
まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。謹んでお悔やみを申しあげます。
113
御社会長様のご逝去を知り、驚愕いたしております。いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。ご冥福をお祈りいたします。
114
○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
115
○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
116
ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
117
ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
118
ご子息様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
119
ご令嬢様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
120
ご令室様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
122
ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
123
ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
124
ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
125
ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
126
ご主人様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
127
ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
128
突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。
129
ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。お慰めの言葉もございません。今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。
130
ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。
131
先生のご訃報に接し、悲しみでいっぱいです。生前のお教えは、皆の心の中に生き続けます。どうか安らかにお眠りください。
132
いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、 心からご冥福をお祈りいたします。
133
先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。先生の尊い教えは、 私の心の中に生き続けます。どうか安らかにお眠りください。
134
悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りします。
135
お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。
136
お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。

▲TOP

年忌法要のお悔やみ文例

137
○回忌のご法要に際し、あたらめて悲しみがつのります。ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈りいたします。
138
ご法要のご通知いただきました。あいにく、所用にて参例できず、誠に申し訳ありません。ご冥福を心よりお祈りいたします。
139
故人の一周忌と伺い、悲しみを新たにしております。お身内の方の悲しさ、寂しさはいかばかりかとお察し申しあげます。ご法事に出席できませんが、当日は心ばかりの香花をたむけ、故人を偲びたいと思っております。
次世代オンラインシステム「イーポ」の株式会社ジェイティーエス 株式会社ジェイティーエス 京都市中京区西ノ京春日町16-44  電話:075-693-7400 info@e-po.co.jp
Copyright (c) Japan Technology Service. All rights reserved.